会社案内

ごあいさつ

“地球の限られた資源の有効活用”を基本理念に、1914年(大正3年)弊社は、自転車パンク修理材の専門メーカーとして創業いたしました。
その後、飛躍的なモータリゼーションの発展に伴い、単車、乗用車、大型トラック、建設車両のタイヤ、チューブの修理材への展開を計り、現在修理資材の総合メーカーとして、着実な歩みを続けております。
この間、各種の製造設備を独自に考案製作し、ゴム原料から製品まで、一貫した生産システムを完備する我が国唯一のメーカーとしての地位を築き上げることができました。
“お客様に、安全と満足をお届けする”を合言葉に、国内市場は勿論のこと、世界の巨大なニーズに応えるべく、欧米をはじめ、60数カ国に輸出しています。
私達は、よりグローバルな企業を目指し、これからも堅実に前進してまいりたいと考えております。

マルニ工業株式会社 代表取締役 浅野 傑

経営理念

地球の資源は有限です
後世の為に効率よく活用しなければなりません
小さな修理材で大きな物を再生させるのが我が社の製品です
私達はこの価値ある製品を適切に供給する事によって
社会に貢献し会社の堅実な前進と従業員の豊かな生活の
実現を目指しています

信条

我等マルニ工業社員は
誠実 健康 礼節を貴び
職責の完遂と品格の向上につとむ

会社概要

会社名 マルニ工業株式会社
マルニ工業株式会社
所在地 〒544-0022 大阪市生野区舎利寺3-11-1

大きな地図で見る
電話番号 06-6716-4171
FAX 06-6715-1700
代表者 浅野 傑
創業設立 創業 1914年(大正3年)
設立 1948年(昭和23年)
資本金 4,500万円
敷地建物 本社      敷地 1,530m2  建物 2,160m2
配送センター  敷地 937m2  建物 2,473m2
従業員 50名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 今里支店・生野支店
りそな銀行 生野支店

会社沿革

1914年(大正 3 年) 西岡 繁松がゴムの販売を開始。大阪市にて創業。
1933年(昭和 8 年) 西岡 巌がタイヤ・チューブ・自転車の販売を開始。
1948年(昭和23年) マルニ工業株式会社を設立し、組織を法人化する。地球印のラバーセメントの製造販売を行う。
1956年(昭和31年) 従前はパンク修理にチューブの廃品を使用していたが、パッチゴムの開発により、
たちまちそれが全国的に普及した。
1960年(昭和35年) 生産と技術部の拡大に伴い優秀品を生み、その半数は海外に送られ、輸出貢献企業として連年大臣表彰を受け、
又、納税面では優良法人表彰を受ける。
1973年(昭和48年) 本社工場の近代化を行い、併せて世界初の弾頭埋込式のアースステック等の開発に成功し、
自動車タイヤ業界に進出する。
1976年(昭和51年) 砕石用大型コンベヤベルトの補修材アースコンベヤパッチを開発し全国の採石場で好評を得る。
同時に振動ふるいの目詰まり防止機器アースハンマーボールを開発、販売し、砕石業界に進出する。
1980年(昭和55年) 西岡 潔史が代表取締役に就任。
1983年(昭和58年) 工場内の自動省力化を推進し量産体制を確立。同年、財団法人化学品検査協会より品質、技術、設備について厳しい
規格に合格した証である合格証使用の認可を受ける。
1987年(昭和62年) 大型トラック、建設車両のタイヤ修理の分野に進出。ここに、日本で唯一のタイヤ、チューブ、コンベヤベルト等の
修理材総合メーカーとしての信頼を博するに至る。
1998年(平成10年) 設立50周年を迎え、これを契機に倉庫・配送センター建設に着手。1999年(平成11年)完成。
2002年(平成14年) 中国市場への供給の為、中国工場の操業を開始。
2008年(平成20年) 設立60周年を迎える。
2011年(平成23年) ISO 9001:2008 の認証を取得。
2012年(平成24年) 砂村 孝司が代表取締役に就任。
2015年(平成27年) 浅野 傑が代表取締役に就任。
中国工場を閉鎖。中国市場向けの製品も日本工場にて生産を開始。

ISO取得情報

取得情報範囲

登録事業者 マルニ工業株式会社
適用企画 ISO 9001:2008
認証登録範囲 車輌用・コンベア用の修理材料
(ゴム製品、接着剤、ケミカル製品等)の設計、製造、販売及び修理関連工具・機器の販売
登録機関 Intertek Certification Ltd
認証登録番号 07362
認証登録番号 2011年7月7日
品質方針 1.顧客ニーズを的確に把握し、お客様に満足して頂ける優れた品質の製品を提供します。
2.顧客要求に適合した品質マネジメントシステムを構築し、プロセスの継続的改善に取り組みます。
3.この方針を実現するために年度品質目標を設定し、実行します。
登録証 登録証
拡大画像で見る